子供たちのレコーディングに向けて!

ちょっと寄ってみました

ここのところ激務です。時間がなかなか取れない。。。
ジーンズも買いに行けない。。
なんてことを考えながら調べ物をしていたときにこちらに辿り着きました。
沖縄市観光ポータルサイトKOZAWEB で見つけたのが、、
ダブル・ボランチさん。


一昨日ラジオの生放送の前にちょっと時間作って寄ってきました。
こちらに突然伺ってしまいました。(行く時は電話してね)ちょっとびっくりされましたが。。
「名古屋から来ました」と言うととても歓迎してくれました。
「なんで名古屋から?」と。
イベントの事を話すと「見に行く!」とおしゃってくださいました。ちなみにお店は会場となる沖縄市こどもの国からめちゃ近いです。
で、このジーンズ屋さん、オーダーメイドなんです。
まず、基本となるシルエットを決めます。
その次に厚み、色、ステッチ、ボタン、などなど。
最後に刺繍を勧められました。
刺繍入れてくださいとお願いしたにも関わらず、「どんな刺繍にします?」
「んーーー困った」
しまった、、自分で選ぶものはセンスないこと忘れてた。。。
「何かありますか?」とこちらから聞きました。
「八重山ミンサーは?」ワォーーーーー!!!!

(wikiより)5つの■と四つの■で構成された絣(かすり)模様を特徴とする。主に帯として使用される。ミンサーという言葉は「綿(ミン)で織られた幅の狭(サー)い帯」から来たもの。

見本を見たらすごいいい感じです。
私の場合、人から勧められたり、たまたま見たりすると大丈夫なんですが、、、自分が選ぶ。となるとなぜかダメなんです。妙なスイッチが入ってしまう。
先入観でしょうか。。。。自分で選んで「カッコいい」「これは間違いない」と思った服や衣装、身につけるものを購入すると。家に帰ると「なんでこんなん選んだんだ、、、、俺」ってなります。
八重山ミンサーの刺繍はめちゃ楽しみです!!!

あーーーもうすぐ番組始まる時間ーーー時間がやばいーーの気づかなかったんです。。「タクシー呼ぶしかない。」「送ってあげる」信じられない。。。初めて会ったジーンズ屋さんに送ってもらっちゃいました。すごいーーー車の中で美味しいお店たくさん聞いちゃいました。ありがとうございます!!!出来上がりがめちゃ楽しみーーー!!!

琉球かれん

午後番組放送が終わって那覇の泉崎で琉球かれんのワークショップがありました。琉球かれんというのはまだまだ歴史の浅い楽器ですが沖縄にしかない楽器です。

弦楽器です。誰でもすぐに演奏できます。コードセクションと単音セクションが分かれています。メロディ弾きながらコード弾きます。コード弾くにはギターのように左手は使いません。

元々コード弦がまとまっています。なので右手だけでコード演奏できます。メロディ弾く単音セクションは左手をギターのように使いながら弾きます。そんな楽器です。本部は沖縄ですが最近少しづつ本土の愛知県、山形県、で教室開催予定です。東京の教室は開催されているとのことです。

ワークショップ

このワークショップを受けてレコーディングに参加します。D-51と沖縄の子供たちと一緒に作った沖縄ソング「島人の歌」を子供たちだけでコピーしてレコーディングして、カップリングでCD収録して全国発売しよう。と言う計画です。ワクワクドキドキをマックスにする作戦の一環です。

で、、レコーディングとなると、参加できるのは(歌、コーラス以外)だと楽器ができる子限定になってしまいます。
なので、、、楽器やった事がない子でも何か無いかなと探していたところ琉球カレンに出会いました。

早速琉球かれんの本部に連絡し趣旨を説明したところ「沖縄の子供たちのためなら」とご協力を快諾いただきました。お聞きすると「1時間ちょっとくらいで弾けるようになりますよ」とのことでワークショップ開催を決めました

ワークショップの様子

この日は6名の子供たちでワークショップを受けました。もちろんみんな琉球かれんも、楽器も初めての体験。挨拶、自己紹介もそこそこにはじまりました。
琉球カレンの先生は3名。一人は師範代。10年以上のベテランの先生です。私との打合せはほぼなし。「お任せします。」


私の思いとしては一方的に教えるのではなく寄り添ってくれたらとの想いです。始まってみると私の思いを知ってか否か、完璧なレクチャー。さすがはベテラン。お見事です。みんなもどんどん上達していきます。


顔つきも変わっていきます。初めは「単音のメロディを覚えるのは無理かも」と先生はおっしゃっていましたが、、、なんのなんの。。先生曰く、「さすが若い子は物覚えが早い」いやいや、そうかもしれませんが、、
私からすればちゃんと子供たちに寄り添ってくれた先生方のお陰です。
お見事でした。
参加してくれたみんなもすごく楽しかったようです!!
全員ではありませんが、本日参加してくれた子たちが27日のレコーディングに参加してくれます!あと2週間。
楽しみです!今週ももう一回別の場所でこのワークショップ開催されます。

Sketchリハ

時間的には前後しますが、子供たちのバンドSketchもリハしました。
順調です。前回と全然違う。
楽器がちゃんと鳴ってる。(いい音で鳴らすのって練習しないとそうなりません)みんな練習してきてる。

最初の音出した瞬間にわかります。
それから3時間みっちり練習。どんどん演奏が良くなっていきます。
私は、アドバイスする側として、気をつけたのは「演奏にノリが出るように」の一点。それ以外は放ったらかしにしました。
例えば、全体のテンポ。いわゆる「走る」とか「もたる」とか。ここは知らん顔です。私にも経験ありますがこれ言い出すといい演奏にたどり着けない。そればっかり意識してしまい大事なことがどっかに行ってしまう。そもそも「走る」「もたる」の原因は「ノレていない」から。なのでそこは知らん顔。
私の言うことは「演奏ばっちり」の繰り返し。
それと後は、世間話。結構しました。◯◯の話や、鶏〆る話(農業学校の実習の話)やテビチの話。など。こんなので演奏は変わるんです。ピリピリしてても絶対いいものは生まれない。

あっという間の3時間。付き添いの方も演奏の成長ぶりに驚いていました。ほんの1か月前とは物凄い成長しています。初めの時は演奏を最後まで通せなかったんですから。。
これはーーもうーーーレコーディングが楽しみです。
みんなにとってワクワクドキドキの日になることをただただ願うばかりです!!!!