sketch LIVE!!

2022年5月21日(土)

ついにこの日がやって来ました。
沖縄のこどもたちとD-51が一緒に作った「島人の歌」のこどもたちのコピーバンドsketchの初LIVEでした。
バンドの初めての練習は2月でした。沖縄市音市場のスタジオ。実はこの時最後までみんな演奏できなかったんです。。

この練習はsketchの3月27日レコーディングに向けての練習でした。まだ時間的に余裕を感じていたのかも。そして数回の練習を重ね見事レコーディングをやり切りました。
そして初LIVEです。今回はその様子を書いていきますね。

エンカレッジ こどもの居場所ECL オープン

沖縄ソングダンス大発表会においてご尽力いただいているNPO法人エンカレッジさんが、学習支援を沖縄県で展開するの施設「E.C.L~Encourage Community lab.~」を開設しました。子どもたちを地域で育てる為のコミュニティ施設で、子どもたちが夢と希望を見つける様々な仕組みが詰まっています

コザ十字路の交差点の銀天街に完成しました。ビルの2階と3階のスペースはかなり充実しています。さまざまな学びができる場所です。
ネット環境も整っていますし、DIYが気軽にできる本格的な工作機械もありますし、お店のキッチンクラスの厨房もありますし、そしてバンドの練習ができるように音響設備と楽器も備え付けてあります。そして3階は宿泊施設もあります。BBQもできます。

「ちょっとやってみたい」「自分にもできるかも」をわかりやすく形にした場所といえるかもしれませんね。

私たちのイベントの理念と同じです。
私たちのイベントはワクワクドキドキのストーリーの作品を作り上げ、ECLはワクワクドキドキを実現できる場所です。
たくさんのワクワクドキドキがみんなの成功体験を作り上げ自己肯定感がきっと上がってくれるはず!そんな思いと場所がコラボしたイベントになりました。
(施設についてのお問い合わせはエンカレッジHPよりお願いします。)

琉球かれん

一緒に演奏したメンバーの紹介です。まずは琉球かれん。この楽器は沖縄でうまれた誰でも気軽に始められる楽器です。3月のレコーディングでは琉球かれんワークショップに参加してくれたこどもたちが演奏してくれました。誰でも気軽に始められる楽器ですがメロディを弾くとなるとちょっと様子が変わってきます。

和音セクションはハードル低いです。
が、、、メロディを弾くのは鍛錬が必要です。
4人のメンバーは楽器をお借りしてずっと練習してきたとの事でした。
15時になりセッティングも終わりリハーサルが始まります。
すると、すると、、、先日のレコーディングの演奏がめちゃくちゃレベルアップしている!!むちゃくちゃ上手になっている!!!すごい!!

沖縄市ジュニア合唱団

「島人の歌」のサビを一緒に歌ってくれる合唱団。もう言う事ありません。安定の演奏です。

メンバーの顔も知った顔ばかり。だんだんみんなの顔を覚えてきました。現在合唱団では新団員を募集しているそうです。

新団員募集♪ 練習日:土曜日10時〜12時(沖縄市文化センター4階) 小学生〜高校生の歌の好きな皆さん、私たちと一緒に楽しく合唱をしませんか。

問い合わせ: 09031916553(森山)

JOYNT

「島人の歌」のダンスの振り付けをしてくれたダンス教室です。この教室の女の子が振り付けてくれました。そのダンスをみんなにもわかるように見本の動画も彼女が作ってくれました。

夜の自宅の車庫でしょうか?一人黙々と踊ってくれています。

おそらくですが、、想像ですが、、、何度もやり直しているはず。
「みんなのために」「このダンスを覚えてもらうために」たった一人で黙々と踊る彼女の姿はカッコいい。

何の迷いもなく、真っ直ぐに。そんなできあがった動画をこのイベントに参加するダンスするこどもたちが覚えて踊ってくれる。その成果は先日もお伝えしたPV撮影です。

知念岬にみんなが集まり踊ってくれました。総勢で100名くらいでしょうか?彼女の動画をきっと何度も何度も見て覚えてきてくれました。このダンスを何度も繰り返し見て覚えたこどもたちは彼女のことが身近の人になっています。エンターテイメントの持つ力です。

リハーサル

まずはダンス以外の演奏部分でのリハーサルです。
今回はほぼ生音での演奏です。
この場合お客さんにバランスよく音楽を聞いてもらうためにはバンド全体の音量コントロールが必要です。
一番生音でデカいのはドラムです。
生音のドラムと生歌の合唱団8名が一緒に演奏すると歌が消えます。
そのことをsketchのメンバーはわかっているみたいです。
なのでバンドみんなが生音のバランスを自分たちの演奏でコントロールしようとしています。
これってすごいことです。
普通高校生とかは自分の事しか考えません。(良いとか悪いとかの話ではないですー)ガンガン行きます。
その結果演奏は上手くいっても聞いてるお客さんは歌が聞こえなくて楽しめない。
それが普通の高校生の演奏です。
それを目を見合わせながら話し合いながら音量を決めてました。
いつの間にこんなに成長したんだろうか?
そしていよいよ初めての合唱団、琉球かれんとの音出し。
もうびっくりです。みんなめちゃ演奏が上手くなっています。すごいーーーーーそしてダンスも入ってのリハの仕上げです。
もう、本当に圧巻です。
よくここまで、、、、みんなも、曲も、成長してくれた。本当に素晴らしいです!!!

本番

もう言うことないです。本当に良い演奏でした!!!

sketchのみんなの声

この日はFMコザの取材が入っていました。
インタビューしてくれたのはナレーションワークショップを受けた女の子。
FMコザが原稿を描き彼女がインタビューしたものを収録して後日番組で放送します。
いや、、、もうインタビューの収録を聞きましたが、上手です。
声の張り方とかすごいと思いました。
知らない間に成長している。
で、、こちらインタビューしてくれた内容です。


今の気持ち (演奏前)は?
・緊張している
・バイトの日程が合わずにみんなでなかなか練習が出来なかった。ので個人個人練習してきた

バンドを組んで楽しかったことは?
・練習も楽しかったけど雑談が一番

聞いてくれるお客さんに何をつたえたいですか?
・楽しんできいてね
・この曲をきいて沖縄のことを思い出してほしい

今の気持ち (演奏後)は?
・目立ったミスもなくみんなも楽しんでくれていたので良かったです。
・みんなに楽しく聞いてもらえるように何かにとりつかれたように演奏しました。

演奏でころがけたことは?
・一人で走らずにみんなと合わせて演奏することに気を付けました

この曲を通して何を伝えたいですか?
・県外の人にも沖縄のすばらしさを伝えたい
(この収録は6月4日(土)13時半〜FMコザの番組「島人の歌 世界に届く 沖縄ソングダンス大発表会」で放送されます。)

sketchのみんなが「聞いてくれる人に楽しんでもらいたい」って気持ちがすごく伝わってきますね。
みんなすごい!一緒にパフォーマンスしてくれた他のメンバーにも感謝です!
本番7月3日(日)がますます楽しみです!!!