PV撮影しました!!

9月23日(木)9時

沖縄市こどもの国にてPV撮影です。 昨日は夜遅くまでレコーディングでした。にも関わらず朝早くからD-51さんとダンスを作った子供たちが集合しました。

前日まで雨の予報でしたがピーカン。私、晴れ男なんです。

たぶん。ね。(フィナーレもそうだといいな)

気温は10月手前なのに、30度くらい。

この時間からすでに暑いです。いやぁ…この時期のこの気温は名古屋ではあり得ないです。 沖縄に来てこの数日で暑さを予想していたので私はタンクトップ。でも、すぐに汗だくです。暑いの嫌いではないですが体力持ってかれますね。

沖縄在住のカメラマンを見ると長袖。しかも黒。ワォ!!
「長袖って暑くないですか?」
「いや、日焼けすると体力無くなるんです。」
タンクトップやばいじゃん。
「でも沖縄の人、この暑さは慣れてますよね?」
「全然慣れてないです。」
「え?」
「沖縄の人は昼間外に出ません。」
なるほど

沖縄の生活はやはり内地とはずいぶんちがいますね。

など、と、、平和な会話の中いよいよスタートです。(スタッフ含め全員前日までにPCR検査陰性確認、もしくはワクチン接種済みです)

駐車場に到着してすぐに練習を始めてます!

ダンス振り付け

8月の中旬。曲のプロダクションチームがデモ音源を完成してくれました。
しかし、時間的にデモ完成してから振り付けスタートをしていると、おそらく、撮影に間に合わないと予想していたので作成中の段階から先行して振り付け始めてもらいました。新型コロナによる緊急事態宣言の中、未完成の音源のもと子供たちが振り付けをしてくれました。

集まって練習することができずオンラインで練習したそうです。中心となる女の子がみんなをまとめてくれました。私は心の中で応援するだけでした。8月末、振り付け動画を送ってきてくれました。この無理なスケジュールを見事にクリアーしてくれました。本当にお見事です。

これで9月23日の撮影に間に合いそうです。ありがとう、ダンスチーム!

9時半 撮影開始

さて、みなさん挨拶も終わり撮影スタートです。ロケーションは3箇所。まずは芝生のところで最後のサビの部分を撮ります。

実は、もう本当に駆け込み駆け込みですが、前日ロケハンをしたんです。その時は芝生には雑草が。私、こどもの国の職員さんの前でなんの気もなしに「雑草生えてるw」って言ってしまったんです。言ったことも忘れてるくらいなんの気もなしに。今日、草刈りがしてあるではないですか…

ありがとうございます!職員さん!

 青空をバックにカメラは下から演者のみんなを狙います。カメラマンさんのリクエストでアングルを変えて何度も踊ってもらいます。子供達は暑くないのか?私はタンクトップが汗でぐちゃぐちゃです。D-51さんはさすがプロです。撮り直しもなく進んで行きます。

10時 ステージでの撮影

場所を移ってステージで撮影。ステージ横に控え室があるのでそちらにD-51をアテンドします。なんと!!!冷房が効いてる。すごい。こんな公園ないです。あり得ない!感謝感謝です。

子供たちはちょっと慣れてきたのかリラックスしてきた感じです。みんなではしゃいでいます。合間にカメラチェックも。この瞬間は真剣でした。

そういえば、、この日はステージ上手(かみて・舞台用語で向かって右側)方向で工事が行われていました。前日のロケハン時には工事車両も通っていました。撮影中の事故には気をつけなければ。ですがですが、なんと工事車両を通行禁に!

うわー。すごいなぁ。

11時 メリーゴーランド前での撮影

始まって1時間半。途中休憩しながらですが順調にきています。最後はメリーゴーランド前。子供たちのダンスが上手になってます。私が暑くて息切れしているのに彼らは全開です。さすが若者。

撮影は当初は、大人数で行う予定でした。レコーディングに参加してくれている合唱団の子たちや、市内のダンス教室の子供たち大勢で撮影予定していました。

しかし、COVID-19に関しての緊急事態宣言発令により、やむなく少人数での撮影となりました。感染症対策を完璧に施しての撮影でした。私自身はとにかく現場では人知れず神経を尖らせていました。なんとか無事に終了してホッとしています。そして本当に頑張ってくれた子供たち。よく成し遂げてくれました。いい画が撮れたと思います。

やり遂げた!という感じが出ていただけで問題なし!

この動画はHPとYouTubeで公開予定です。11月中旬です。順調にいけば。この日会場に来れなかった子たちの踊っている動画も差し込む予定です。もう少しお待ちくださいね。

PVはなるべく多くの沖縄の人々が目にするようなことを考えていきます。作って終わりにしない。これが私たちの使命です。

それにしても本当に沖縄こどもの国さんには感謝しかありません。我々のイベントの趣旨をご理解頂き今回ご協力頂きました。本当に本当にありがとうございます!!
沖縄県でのイベント企画を開始して1年が経とうとしています。ほぼ毎月来沖して、企画を進める中でわかってきたことは、沖縄の人々は沖縄のこととなれば、黙々と内なる熱さで、一肌も二肌も脱いで行動する人々がおおいということに気づきます。沖縄ソング・ダンス大発表会は、そんな県民性を、大きなうねりにしてみようという試みでもあります。その一端が見られたかな。とすこしだけ安心感もあったPV撮影でした。

さて午後は昨日のレコーディングの続きです。完パケ(完成)まで行くつもりです。何時に終わることやら。。さぁ着替えて移動です。